子どもの足チェック

 【子どもの足チェック】

 息子さんがフットプリンターを
 やると持ってきたのでフットチェック足
 もちろん立つのも安定していないので、
 正確には難しいけれど、それでもおとなしく
 乗ってくれて、こんな感じでした左斜め下左斜め下左斜め下

 赤ちゃんは生まれた時は偏平足なので、
 やはりペタペタと立派な偏平足ですね足
 
 もちろん歪みはまだないし、
 指もしっかりついてるし、
 まだまだこれからが楽しみるんるん

 一緒に歩こうねかわいい
 t_DSCF1356.jpg
 t_DSCF1411.jpg ちなみに足のチェックは、
 足の指や裏にタコやマメはないか?
 靴ずれはないか?
 ツメが欠けたり、変形していないか?
 
 外反母趾など指が変形していないか?
 どこか痛みはないか?
 冷え性ではないか? など色々分かりますぴかぴか(新しい)

 子どもの足について、
 赤ちゃんはみんな生まれた時は偏平足で、
 9〜12歳頃までに足腰の発達とともに、
 土踏まず(アーチ)が形成されるひらめき
 
 だからこそ!!
 よい足、よい身体をつくるには、
 外遊びや裸足歩きなど、足(とくに足指)を
 たくさん使って歩くことがとても大切
走る人ダッシュ(走り出す様)

 ところが・・・
 最近では、小中学生の弱い足、
 外反母趾や偏平足などトラブル足が急増し、
 社会現象となっているがく〜(落胆した顔)

 その理由は様々だけど、生活環境の変化、
 外遊びや歩く環境が減ってしまったこと、
 例えば車や電車を使う生活、
 ゲームなど室内遊び、習い事、
 足に合わない靴などなど・・・揺れるハート
 昔に比べて凸凹道よりもアスファルト道が
 増えたことだって足には大きな負担だし…ふらふら
 過度なスポーツだって、サイズの合わない靴で
 酷使しずぎれば歪む原因にもなってしまうがく〜(落胆した顔)
 t_DSCF1357.jpg
 インクぺたぺた・・・がく〜(落胆した顔)「あおい、あおい〜」あせあせ(飛び散る汗)
 t_DSCF1409.jpg
 いつのまにかフットゲージで電車あそび(笑)
 ただたくさん歩けばよい、
 ただたくさん運動すればよい、
 というわけではなく、
 まだまだ未熟で歪みやすい
 子どもの足には、
 足に合った靴を履かせて、
 歩きやすい環境を
 つくってあげたいものです
わーい(嬉しい顔)

赤ちゃんの足と体温調整

 【赤ちゃんの足と体温調整】
 
 息子さんの足の成長ぶりは、
 妊娠中(臨月)→6.5センチ
           
 生まれたとき  →7.0センチ
           
 生後2ヶ月    →9.0センチと成長中👣
 地面を踏ん張って歩くようになったら、
 いいアーチ(土踏まず)ができて、
 いい足になっていくんだろうなァ〜✨
 ムフフ ひそかな楽しみ🎵
 s-DSC09820.jpg
 s-DSCF2257 - コピー.jpg それと先日保健師さんの訪問にて

 かわいい赤ちゃんは手足で体温調整してる
 布団を足ですぐに蹴ってしまうことを
 相談したら、それは暑いからで、
 お腹を冷やさないようフェイスタオルを
 1枚お腹にかけてあげれば、上の布団を
 はいでも、お腹はOKとのこと✌

 赤ちゃんが生まれ持っている機能、
 体温調整ができないので手足で熱を
 放出して体温が高くならないように
 しているのだとか✨
 
 室内温度の調節も大切だけど、
 厚着や布団のかけすぎ、
 手足も温めすぎはよくないのね!
 多少手足が冷えていても、お腹と背中が
 温かければある程度大丈夫⤴ということは
 やっぱり裸足も大切なのよね〜👣
 外出先で靴下履いてもすぐ脱いじゃうし
 これからはひざかけで調節したり、
 あれこれ検証してみようかしら・・・

 ちなみに最近気がついたこと、
 息子が足の裏に汗をかいている時、
 背中も汗をかいていることが多い!
 ちなみにかいていない時は
 背中もサラッとしててしかもご機嫌なので
 着替えるちょっとした目安にしています😃
 SIDS(乳幼児突然死症候群)
 原因事例で着せすぎ(放熱障害)なども
 よく聞くのでそういうのも気をつけよう…
 今度色々調べてみようっとかわいい
 t_DSCF2848.jpg
 t_DSCF2847.jpg 足がすごいことは仕事柄よく知っている👣
 例えば東洋医学的に足裏の反射区は、脳や
 臓器の機能につながっていると言われる。
 歩くことで刺激になり、ウォーキングは
 新陳代謝を活発にし、健康にも病気の
 予防や医学的にもメリットはたくさん
 あること💠

 でも、赤ちゃんの発達能力や機能にも
 すごく驚かされることばかりぴかぴか(新しい)
 
 それに足についてもまだまだ奥が深いな〜
 しみじみ・・・💓

 色々勉強になりますネ🎵

丈夫な足をつくる

 【丈夫な足をつくる】

 赤ちゃんの足はみんな生まれた時は扁平足で、
 9歳〜12歳ぐらいまでにアーチ(土踏まず)が
 形成される。

 そのためには外遊びや裸足歩きなど、
 歩くことでとくに足指をたくさん使うことが
 とても大切!


 でも最近の子供たちは、外遊びや歩く環境が
 減っている。
 その原因としては、車や電車を使う生活、
 ゲームなど室内遊び、習い事、サイズなど足に
 合わない靴、過度なスポーツなど・・・etc.

 最近では、小中学生の外反母趾や偏平足が
 急増中で、社会現象となっている・・・😞
 t_DSCF2846.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。