京都*舞鶴

故郷で農業を営む祖父は、4年間シベリア抑留を経験していて、59年前の今日、昭和24年10月12日に帰宅してきたそうです。そんな思い出深き今日に、祖父の希望を叶えるべく、家族5人で京都の舞鶴港を見に行ってきました新幹線

幼い頃から、おじいちゃんのシベリア話はよく聞きました。その強い思いを知っているので、
本当はシベリアにも連れて行ってあげたかったですが、ただ年月だけが過ぎてしまいました。
 t_DSC08374.jpg
そんな時に、テレビで京都舞鶴港に『舞鶴引揚記念館』があると知り、また主人と新宿の『平和祈念展示資料館』に足を運んだ際に、戦争の恐ろしさと、改めておじいちゃんの経験の壮絶さを感じ、せめて京都舞鶴港には連れて行ってあげたいと思ったのがきっかけでした。わーい(嬉しい顔)

 『シベリア抑留』とは、
第二次世界大戦(太平洋戦争)末期にソビエト連邦軍の満州(現在の中華人民共和国東北地区および内モンゴル地区北東部)侵攻によって生じた日本人捕虜(民間人、当時日本国籍者であった朝鮮人などを含む)を、主にシベリアやモンゴルなどに抑留し、強制労働に使役したことをいいます。

 t_DSC08318.jpg
 タンゴディスカバリーにて、
 京都→東舞鶴へ電車
 t_DSC08319.jpg
 t_DSC08329.jpg
 東舞鶴駅に到着してまずは、
 海軍の舞鶴基地に立ち寄る船
 たくさんの船があってかっこいいるんるん
 つい最近話題になったイージス艦『あたご』も
 港に停泊していました。船体が大きいのには、
 とても驚きでした目
 t_DSC08335.jpg
 t_DSC08392.jpg
 西舞鶴にある『舞鶴引揚記念館』に到着。
 t_DSC08364.jpg
到着すると、NPO法人『舞鶴・引揚語りの会』の方に館内をご案内していただく。
 t_DSC08342.jpg
 周囲の方も、語りの会の方の熱い説明と
 おじいちゃんの生の経験談に引き込まれ、
 耳を傾けている耳
 t_DSC08375.jpg
 皆さんの同調も感極まって、
 妙に涙がこみ上げてきたもうやだ〜(悲しい顔)
 t_DSC08376.jpg t_DSC08378.jpg
 t_DSC08380.jpg t_DSC08386.jpg
 『引揚記念公園・展望台』
 引揚という大事業を後世に伝えるため、
 昭和45年3月に整備されました。
 t_DSC08401.jpg
 t_DSC08420.jpg『平和の群像』
 『望郷慰霊之碑』   (前尾繁三郎書) 
 合掌祈りの形で、
 共に引き揚げできなかった
 在天の御霊を慰め、
 恒久の平和を願っています。
 t_DSC08410.jpg
 t_DSC08409.jpg
 『望郷慰霊之碑』はナホトカの方角に
 向いて手を合わせています右斜め上
 t_DSC08423.jpg
 『引揚公園・桟橋』
 望郷の念に思いふけるおじいちゃん、
 遠い異国の地で亡くなられた
 戦友のことを想っているのだろうか…揺れるハート
 t_DSC08432.jpg
 t_DSC08444.jpg おじいちゃんが、
 「満州で見た夕日は
 もっと真っ赤だったなあ〜」
 とつぶやいていた揺れるハート 

 今回の旅が、
 実現できてよかったですわーい(嬉しい顔)

無農薬野菜:秋の味覚

 
 食欲の秋レストラン
 収穫の秋ですわーい(嬉しい顔)
 
 今回は、ピーナツの収穫のお手伝い手(チョキ)
 掘り起こすと、鈴なりにいっぱい
 なってるなってる目
 
 さっそく炭火で塩ゆでにサーチ(調べる)
 うまーいるんるん
 t_DSC07549.jpg  
 t_DSC07552.jpg t_DSC07554.jpg
 次は、川岸に栗拾いにリゾート
 t_DSC07559.jpg
 なかなか大きい栗るんるん
 t_DSC07558.jpg
 さっそく大好物の栗ごはんにするるんるん
 秋は、栗ごはんと秋刀魚が美味しいレストラン

 あと、キュウリもたくさんもらったので、
 ぬか漬けをはじめましたわーい(嬉しい顔)
 かなり美味しいので、はまってます手(チョキ)

 次回来月は、いよいよ稲刈りの季節でするんるん
 
 t_DSC07565.jpg  

無農薬野菜*田植え

 t_DSC05965.jpg  関東も梅雨入り雨
 田んぼは、カエルの合唱が聞こえる
 季節となりましたるんるん
 
 午後から晴れ間が見えてきたので晴れ
 田植えの準備グッド(上向き矢印)
 
 
 今回の田植えは、
 初体験のダンナさんがチャレンジるんるん
 おじいちゃんにレクチャーを受けて、
 いざ本番手(チョキ)
 
 t_DSC06004.jpg
t_DSC06006.jpg  t_DSC06011.jpg
 とても上手でするんるん
 t_DSC06021.jpg t_DSC06036.jpg
 終わった後は、
 泥んこの足や、田植え足袋を川でジャブジャブあせあせ(飛び散る汗)
 水が冷たくて気持ちいいーるんるん
 田舎ならではの光景ですねリゾート

無農薬野菜*真竹

 t_DSC05987.jpg 産直市場で『真竹』が売られていたので、
 もしやと思い、午前中は裏山に取りに行くことにぴかぴか(新しい)
 『真竹』を発見ひらめきやったァ手(チョキ)
 
 『真竹』(マダケ)は5月にとれる
 孟宗竹(モウソウダケ)や
 破竹(ハチク)とともに日本の三大有用竹の
 一つである。
 柔かくて、筍とはまた違った歯ごたえが
 美味しいレストラン

 
 t_DSC05999.jpg
 ちょうど食べ頃わーい(嬉しい顔)
 t_DSC05974.jpg
 これは成長し過ぎですふらふら
 t_DSC05978.jpg
 沢ガニもいっぱい目
 t_DSC06057.jpg
 我が家の食卓るんるん

無農薬野菜*産直市場

 t_DSC05965.jpg 故郷帰りの第4弾るんるん
 
 朝7時時計
 産直市場に出荷のお手伝いからはじまるわーい(嬉しい顔)
 今回は、タマネギとグリンピースを出荷するふくろ
 
 t_DSC05961.jpg t_DSC05947.jpg
 産直市場は農家の直売で、9時から開店する。
 この日、雨にもかかわらず9時にはたくさんの
 お客さんで大混雑なのに驚きでした目
 
 グリンピースはあっという間に売り切れ手(チョキ)
 お客さまに手に取っていただけるのが
 何より嬉しいですね揺れるハート
 
 
 
 t_DSC05949.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。