海外ウォーキング:南米

南米の旅(3)ナスカの地上絵

ユネスコの世界遺産『ナスカの地上絵』は、ペルーのナスカ川とインヘニヨ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に「描かれた」幾何学図形、動植物の絵。主な動物を描いた地上絵の規模としは、長さ46mのクモ、50mのハチドリ、55mのサル、65mのシャチ、180mのイグアナ、135mのコンドルが挙げられる。最大のものは、ペリカンかサギ、もしくはフラミンゴを描いたと思われる285mの鳥類の絵である。その他、「宇宙飛行士」などと呼ばれているもの、片手が4本指の「手」など不可思議な図柄もある。なぜ描かれたかなど、まだまだ謎は多い。

 t_H-イカ−ナスカ−イカ-13(1).jpg t_H-イカ−ナスカ−イカ-15(1).jpg

イカという地域からセスナでナスカまでの見学飛行ツアーが一般的。地上絵が見えてくると45度ぐらい傾けて見せてくれるので、酔い止めが必要!!キョロキョロしたりデジカメを凝視するとかなり酔います。。がく〜(落胆した顔)
 

 
 
 t_DSC02748.jpg


 イカの砂漠でサンドボードで遊ぶ。
 夕日が沈むイカの景色と、サラサラの砂が
 気持ちよくて最高 ぴかぴか(新しい)


セスナの飛行までの待ち時間飛行機イカにあるワカチカの泉に立ち寄る。たらーっ(汗)
 リマから南へ300Km。乾燥したペルー海岸の砂漠の中、大きな砂丘に囲まれた暖かい海岸渓谷に位置し、人々や動物たちのオアシスリゾート

 t_DSC02699.jpg


by ゆり絵 at 2007年12月11日 | コメントはこちら(0) | 海外ウォーキング:南米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントが反映されるまで数日かかる場合があります。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。