足のこと:靴えらび【更新】

子ども☆靴えらび

 【子ども☆靴えらび】

 週末に子供靴専門店に行ってきましたョるんるん
 すぐに履き潰してしまうので洗い替えに
 もう1足購入しました〜くつ
 
 プリント計測もしてもらいましたが、
 実寸で左16.0cm、右が15.7cm
 そこで対応してくれたスタッフの方いわく
 「オススメ靴は17cm以上ですね」とキッパリ!
 たしかにゆとりはあった方がいいですが、
 やや大きすぎるのではと思います。揺れるハート
 もちろん甲の高さ、足幅でも変わってくるので
 あくまで目安ということになりますが、
 その前後サイズも試した方がいいですね決定
 t_IMG_2210.jpg
 t_IMG_2213.jpg 靴のサイズは大人も子どもも基本的に実寸に
 プラス捨て寸(ゆとり)が加味されているので、
 15.0cmの子どもに16.0cmの靴を履くと
 足と靴の誤差は1.07、これを大人の場合に
 置き換えて23.0cmの人が24.61cmの靴、
 3〜4サイズも大きな靴を履くことになると
 言われるので、その誤差は大きく響きますあせあせ(飛び散る汗)
 
 そしてつま先にもちろんゆとりは必要ですが、
 まだ発育途上の子どもの柔らかい足であれば
 大きすぎるのも小さすぎるのも注意ですひらめき

 
 とは言え大きすぎ小さすぎは子どもには
 よく分からないでしょうし中敷きが外せる方が
 大人がチェックしてあげられますョ目
 子どもの柔らかい足にはカカトの
 しっかりしている靴くつ
 つま先(足指)でしっかり曲がる靴くつ
 坂をのぼったりおりたり…右斜め上右斜め下右斜め上右斜め下
 しっかり歩くときはできるだけ甲の止まる
 (マジックテープなど)靴がオススメ〜
 足が靴の中で遊んで前すべりしやすく
 踏ん張りにくいので転びやすいし、
 思いきり走ったり止まったりを要チェック目
 それと履くときはカカトをトントン、
 甲をしっかり止めてというのも理想ですぴかぴか(新しい)
 靴をテキトーに履いて飛び出していく
 落ち着きのない息子さんも
 ちゃんと履かないと足が疲れるようで…
 ちゃんと履けるようになってきましたわーい(嬉しい顔)(笑)
 t_IMG_2215.jpg
 t_IMG_2218.jpg
 足囲はだいぶ違いました・・・目
 お店で靴を測ってもらう時は、
 子どもはとくに動くのでデジタル計測は
 あくまで目安に、ゲージでしっかり
 目測してもらうのがオススメですョ手(チョキ)
 
 今回17cm以上の靴と言われましたが、
 あえて16.5cmの靴を持ち出し、
 中敷きを外して見せると
 「このサイズで十分ですね〜」と定員さんたらーっ(汗)
 ちなみに17.0cm履かせたら息子さんは
 ブカブカだよ〜と言ってましたかわいい
 計測サイズはあくまで目安なので
 やっぱり試し履きは必要ですね足
 
 t_DSC03339.jpg
 我が家のフットプリンターでもペタペタと
 足踏みしてまだまだ計測不能…ふらふら(笑)
 
 でもうっすらですが土踏まずが形成されて
 きていますョ〜足
 t_DSC03341.jpg
 コレは2014年の第1歩を踏み出した靴くつ
 メーカーや靴の種類によってもつくりや
 履き心地も変わるので色々と試してみたいッ
 って履くのは息子さんですけれど…かわいい(笑) 
 
 
 
 
  
 何はともあれ子どもの足を見てあげられるのは
 親だけなのだとしみじみ感じますぴかぴか(新しい)
 足に合ったよい靴を履かせてあげたいなァるんるん

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントが反映されるまで数日かかる場合があります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。