足のこと:自分の足を知る

足裏の不思議

 【足裏の不思議】

 リフレクソロジーで刺激をする反射区とは、
 身体の各機関や各部位につながっている
 抹消神経が集中しているところ足

 ちなみに「ツボ」は点、
 「反射区」は面で考えられていますわーい(嬉しい顔)

 足の裏にある反射区は人体と一致し、
 ちょうど体を半分に割ったものが
 左右の足の反射区になっているイメージひらめき
 頭部は左右の親指に、
 胃はちょうど土踏まずの辺りに、
 生殖器はかかとの方にあります。
 土踏まずがアーチ型になっているのは、
 胃を守るためでもあるといわれる。
 この反射区を押したり、もんだりすると、
 その反射区と関連のある器官と生理機能が
 刺激を受けて血液循環がよくなり、
 不快な症状から開放される仕組みとなる。

 そもそも「反射区」とは各器官や内臓に
 つながるといわれる末梢神経の集中個所のこと。
 体の特定の部分と密接に関わっているとされ、
 ここを刺激すると間接的に頭や背中・胃・肝臓など
 全身に働きかける作用があると考えられている。
 t_画像 098.jpg
 リフレクソロジーはリラックスできるし、
 イタ気持ちいいからいいねグッド(上向き矢印)

〜旧ブログから転記〜

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントが反映されるまで数日かかる場合があります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。